天然石・水晶・パワーストーンで幸せを引き寄せるモリオン・マザー

青森県八戸市の幸せを引き寄せる天然石と水晶と天珠パワーストーンのモリオン・マザー

六吉祥天天珠と弁財天天珠

六吉祥天天珠と弁財天天珠

六吉祥天天珠と弁財天天珠
  • 吉祥天は、美の象徴とされるほど美しく一番の女神で、毘沙門天の妻とされています。弁財天はもともとは弁才天という名前で、才が財に変わり
    福徳・財宝を授ける神とされ七福神の一人としても祀られています。

六吉祥天天珠と蓮花天珠

六吉祥天天珠

吉祥天の真言は「おん・まかしりえい・そわか」吉祥とは、繁栄・幸運を意味し幸福、美、富を象徴する神として「きちじょうてん」「きっしょうてん」とも呼ばれる。密教では、功徳天・宝蔵天ともよばれ美女の代表としての尊敬を集め、五穀豊穣の神としても信仰される。

吉祥天と黒闇天
  • 六吉祥とは、功徳が、家内安全・罪障消滅・財宝金銭・商売繁盛・富貴繁栄・国土安穏ということで、吉祥天のもちものは、はすの葉であることから、対面には、願望成就の蓮花天珠をつけました。右手の五本指をそろえて伸ばし、手のひらを前に向けて肩のあたりに上げる施無畏のかたちが、相手の畏れをなくす印相をあらわしていることから、すべてのことを受け入れる姿とされています。吉祥天には、双子の妹がおり常に一緒に行動することから、吉祥天と黒闇天は、陽と陰、幸せと不幸、生と死相反するものがもともとがひとつであったことを示しています。
画像の説明
  • 六吉祥天天珠は、真言を唱えると「お金もちになれる」とされて貴族や富裕層に信仰されていました。五徳の翡翠、金運のゴールドルチル、女性の幸せをもたらすストロベリークォーツ、金運を財運に育てるオレンジルチルクォーツでブレスレットにしました。

弁財天天珠と白蛇天珠

弁財天と白蛇天珠
  • 弁財天は、芸術を愛する川の女神であり七福神の紅一点の女神でも知られています。もともとは、吉祥天がその座についていたのですが、吉祥天は、七福神の一人「毘沙門天」の妻であったこともあり、庶民に人気のあった弁才天が、才が財に代わり福徳・財宝を授ける神とされ、その座についたとされています。芸能に秀でた女神であったこともあり、また白蛇の使い手でもあったため、弁財天は白い蛇に変身して、地上に降り立ち財をもたらす家の蔵に入り金銀財宝で満ち溢れさせたとされています。今でも旧家では白蛇の好きな卵をお供えする風習が残っています。
弁財天と白蛇天珠
  • 真言は、「オン・ソラソバティエイ・ソワカ」この真言をとなえると、才能の開花・芸事の上達 自分の意思を強く持ち、未来を切り拓く力が備わり、才能を開花してくれる魔法の呪文とされています。
画像の説明
  • ブレスレットに使用したパワーストーンは、レピドクロサイトインクォーツ・シトリン・ストロベリークォーツ・ルビー・プラチナルチルクォーツ。

    #clear

a:484 t:4 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional